動物の病院 くすめ

診療対象動物:いぬ・ねこ・うさぎ・ハムスター・フェレット・鳥

「 ブログ 」 一覧

腎臓病

一生のうちに、犬は10頭に1頭、猫では3頭に1頭が腎臓病になるといわれれいます。

 

腎臓の働きはみなさんも知ってのとおり尿をつくることです。

 

血液を循環させるときに、多くのものを排出し、必要なものを再吸収して、尿をつくります。なかなかの高性能老廃物排出システムです。このすごいシステムを実際に行っている構造をネフロンと言います。 ネフロンという小さい構造それぞれが尿を作っています。

 

ヒトだと左右の腎臓で200万個、イヌでは80万個と言われています。

またネコは40万個とも。

 

このネフロンの少なさが、ねこちゃんに腎臓病が多いひとつの原因だとされています。

 

腎臓病はネフロンが傷ついて働けなく働けなくなってしまうことによって起こります。

働いているネフロンの数が徐々に減少する腎不全を慢性腎不全と呼びます。また厄介なことに末期に到るまでほとんど症状が無いのが特徴です

 

 

早期発見に役立つ新しい血液検査 「S D M A」

検査は腎臓が血液中の老廃物をろ過し、尿を生成する働きをみるものですが、同じ働きを調べる既存のクレアチニンという血液検査項目よりも通常早い段階で異常を検出することができます。また、クレアチニンは猫の筋肉量によって値が変動するため、高齢の猫や痩せた猫では低く出る傾向がありますが、S D M Aは筋肉量による影響を受けません。

犬猫の腎臓機能を評価する画期的な血液化学スクリーニング検査

IDEXX SDMA

 

 

公開日:

犬用ワクチチェック

当院では犬ワクチンチェックを導入し、2020年で2年が経ちます。ダックスなどワクチン接種後顔が腫れてしまうしまう子どいたため、外注検査をしていました。しかし結果が分かるまで、日数を要するため、その日に結果の分かる犬ワクチンチェックを導入をすることに決めました。

まだまだ抗体検査をする件数は少ないですが、高齢犬やワクチン接種後具合の悪くなったことのある子に対して選択の一つとして、引き続き提示していきたいと考えています。

詳細についてこちら

 

 

公開日:

尿疾患の家で出来る予防とケア

尿疾患の家で出来る予防とケア

☆新鮮な水を用意しておこう

水分を多くとることで、尿量を増やし、オシッコの回数を増やします。

普段から水をあまり飲まない子への工夫

ドライフードをふやかす。

缶詰やパウチなどにさらに水を加える。

ほかにもその子にあったあげ方があると思いますので、考えてみてください。

注意:ミネラルウォーター・ミルクはミネラル分が多いのでやめてください。

☆適度な運動が必要

あまり動かず家でじっとしていると水を飲む量が少なくなりがちです。

特に冬は・・・

肥満防止にも繋がりますので、オモチャやキャットツリーなどを用いて一緒に遊んでください。

☆トイレは清潔に

トイレが汚れているとオシッコを我慢する子もいます。

オシッコをしたら、すぐに取り替えてあげましょう。

仕事で家にあまりいない方はトイレの場所を何箇所か用意してあげてください。

置く場所は

その子がいつも居る場所の近くや水飲み場の近くへ置いてあげてください。

☆容器について

器の材質を変えるみる

陶器・ガラス・金属・プラスチックなどがありますが、その子によって好みが変わるので、どのタイプが好みか幾つか試してみてください。

表面積の大きい器を使う

神経質な子だとひげにものが触れると飲水を止めてしまうこともあります。ひげが当たらない器を選んでください。

☆処方食への切り替え

☆ストレスのかからない環境づくり

公開日:

はじめての歯磨き

うちの子 先生にも言われてるし・・・そろそろ歯磨きを!と決意し、歯ブラシを購入したあなたへ

いきなりお口に歯ブラシを入れたませんか?

その子にとって見たこともない棒状の何かが近づいてきて口に入った!?

好奇心旺盛な子ならいいかもしれませんが・・・たいていの子はびっくりしますよね(^^;

そして、もう二度と歯磨きをさせてくれないなんてことにも繋がります。

こうならない為のステップを紹介します。

道のりは長いですが、試してみる価値はありますよ(^^)

まずはお口を触られることになれる3ステップ

1.お口を触っても嫌がらない

2・唇をめくって指を口の中に入れ、歯に触ることが出来る

3.指で歯磨きができる

この3ステップがクリアすることで、お口の中に何か入ることに慣れてもらいます。

つぎのステップは歯ブラシそのものを好きになってもらうステップです。

歯ブラシでその子が痒がっているところをブラッシングしてあげる。

飼い主さんが持ってる、この棒状のもの痒いところをかいてくれて気持ちいい!

とその子にとってうれしい行為に繋げていきます。

最終ステップ

歯ブラシデビューです。

1.歯ブラシを口に入れることが出来る。

2.歯の頬側の歯を磨くことが出来る

ここまでたどり着くのにだいたい2ヶ月くらいかかるといわれています。

焦らずゆっくりと試していただければと思います。

お口を触られることになれる3ステップまでいけたけどそれ以上は・・・

といわれる飼い主さんもいらっしゃると思います。

今は指に巻いて使用するデンタルシートなどもあるので

それらを使って歯磨きを続けてあげてください。

 

 

公開日:

プラークコントロール

ペットが食べている食器

食べた後の食器を触ってみてください。

どうなってます?

べたべた、ヌルヌルしていませんか?

この厄介なべたべた、ヌルヌル さっと水で流しても簡単に

取れない ンー…(-ω-`;)ゞ

こいつは水では取れない性質。バイオフィルムというやつなんです。

このバイオフィルムがお口の中でヌルヌルしたドームのようなバリアーを

張ります。

これが歯垢の元となるプラーク。

このプラークを歯に悪影響を及ぼさない程度に、デンタルケア用品でいつもコントロールしておくこと

これをプラークコントロールと言います( ̄ー+ ̄)

今回はプラークコントロールについてのお話でしたが、

次回はプラークコントロールの種類についてお話出来たらと思います♪

公開日:

冬の猫風邪に要注意!!

・よく冬に鼻水や目やにで顔がぐじゅぐじゅのネコちゃんがいます。

そんな症状を起こす病気のひとつに、猫ウィルス性鼻気管炎があります。

猫ウィルス性気管炎(FVR)は通称 猫風邪とも呼ばれ、

特に冬に発症しやすい病気です。

・FVRに感染すると、発熱や元気消失、食欲不振などが見られ、

ひどくなると、目やにを伴う結膜炎から始まり、

くしゃみ、咳をするようになります。

鼻汁は膿性鼻汁(つまり、あおばな)なので、鼻周囲の汚れが目立ちます。

ぱっと見た感じは、顔がぐじゅぐじゅだなと印象をうけます。

・感染源は主に感染猫ちゃんとの接触です。

感染猫ちゃんのくしゃみによる飛沫感染もあります。

・このウィルスに感染すると、そのウィルスは完全に排除されることは少なく

体調がよく、元気な時は症状はほとんど出ませんが、

体調が悪くなると発熱や元気消失などの症状を発現させます。

このように一度感染すると、生涯にわたり再発を繰り返す場合があります。

また子猫では悪化したら死亡率の高い病気です。

・予防として、主も有効的なのが、ワクチン接種です。

子猫のうちからしっかり接種しておきましょう。

また、体調を崩さないようにきちんとした健康管理も大切ですよ!

公開日:

ハムスターの飼い方 

◎飼うために準備するもの

A.ケージ
  
 
 できるだけ大きなものが理想的です。
 網の隙間に手足を挟んで怪我をしないように、底面部分が網状になっていないものをお勧めします
 また簡単に扉が開いてしまうと脱走してしまうので、扉はロック出来るようなもの
 のほうが安全です。
 熱帯魚や昆虫用の水槽、プラスチックの衣装ケースを利用される方もいますが、
 中に湿気がこもらないよう、あまり深くないものを使いましょう。
 ケージを置く場所は昼は明るく(直射日光が当たらないような場所
 夜は暗くなる場所で、温度が18~26度の静かなところに置きましょう。
 5度以下になると冬眠に入るので絶対に5度以下にしないこと

B.敷材
  

 寝床や遊び場として、ケージの底に敷きます。
 木屑や紙などいろいろな材質がありますが、湿気を吸いやすいものを選んでください。

 C.その他
 エサいれ、給水器、ハウス、トイレ、回し車などのおもちゃ

◎食事・水
 必要な栄養バランスをよく配合したペレットなどのハムスター専用フード
                 ※2
 をあげましょう。
                        ※2
 基本的には、このゴハンに野菜を少々あげるだけで大丈夫です。
 ひまわりの種は喜んで食べますが、脂肪分も多いので、大量にあげないように注意が必要です。
 水は常に新鮮なものをあげるよう心がけてください。
 特にペレットのように水分の少ないゴハンをあげている場合は、水を欠かさずに。

◎中毒を起こす食べもの
 ねぎ・玉ねぎ・ニラ・にんにく・じゃがいもの皮と芽・アボガド
 それとカフェイン

◎掃除
 ケージ内が不潔だと病気の原因になってしまいます。
 週に1~2回は中の敷材を全部取り換えて掃除をしてあげてください。
 

公開日:

誤飲について

ペットが食べてはいけないものを口にしてしまう誤飲。場合によっては、手術をしたり、死に至ることもある

悲しい事故のひとつです。

誤飲事故の発生は12月~3月の寒い時期に多いです。

12月といえば、クリスマス。ケーキやチキンやツリーのかざり。1月はお正月で親戚やお友だちも集まるここ

とが多く、2月はバレンタインデーで家の中にチョコがいつもより多くあることも要因です。

年末年始は親戚や友達の帰省で普段会わない方が家に来る機会が増えるのもこの季節です。普段は、家族が気

をつけていても、みんながワンちゃん、ネコちゃんの食べたらいけないものを知っているとは限りません。

そこで誤飲が起きないようにするために、また起きてしまった時にどうしたらいいのかをお話ししたいと思い

ます。

飼い主さんが飲んでいる薬」や「タバコ」「子供のおもちゃ」をペットが誤飲したと

来院される方がいます。

もし誤飲してしまったら

まずいつも食べているご飯を食べさせてから病院へ連れて行ってください。

応急処置の方法として、食塩を飲ませるという方法があります。

確かに吐かせる効果がありますが、万能ではありません。

また食塩を飲ませ吐かせた後は必ず病院へ連れて行ってあげてください。

洗剤などを誤飲した場合は食塩を飲ませることでかえって危険なことになります。

液体の類を誤飲した場合、無理に吐かせようとせず、牛乳を多めに飲ませ病院へ

連れて行ってください。

異物を誤飲した場合で、口をあけて取れるようであれば、取り除いてあげてください。

ノドに詰まったままだと窒息してしまいます。

釣り針を飲み込んだ場合、糸を切らずつけたまま病院へ連れて行ってください。

動物はこれを食べたら具合が悪くなると、人のように判断することはなかなか難しいものです。

ですから飼い主さんにお願いがあります。

誤飲は私たちのちょっとした気遣いで防ぐことができます。

薬やタバコなどを飲みこんではいけないものはビンなどに入れ、棚の上に置き、

ペットが口に出来るような場所にはモノを置かない。

 

これらを心がけてあげてください。

誤飲した場合はまず掛かりつけの病院へ電話をし、支持を仰いでください。

公開日:

食べない・・・そんな時には

体調が悪いときなどどうしても食欲が落ちることもありますね。食事を十分にとれないと、体力はどんどん失われてしまいます。ペットの食欲が落ちてしまったとき、どのような工夫をすればいいのでしょうか?

☆「におい」が重要
  ラーメン屋のにおいに誘われ、お店へ誘われるように
  やはり動物も「におい」で食欲をそそられます。
  缶詰をレンジで数秒温める、ドライフードにお湯をかける。
  こうすることで、フードからにおいがたちます。

 ※1.熱くならないように気をつけてください。
 ※2.お湯をかけたドライフードは置きっぱなしにするとお腹を壊すことも

 ☆ご飯の保管方法
 ペットフードに含まれる脂肪が酸化すると嫌な臭いがします。
 油が酸化した時のような臭いを想像してみてください。
 ドライフードは湿気の少ない場所で保管し、1ヶ月以内に食べきれるものを買いましょう。
 特に梅雨時期は乾燥剤を入れるなどして、湿気からフードを守りましょう。

 

 ☆食感を変えてみる
  年をとって硬いフードを嫌がるようになったという話を聞いたりします。
  ドライフードをふやかす、パウチや缶詰に変えるなど試してください。

 ☆場所を変えてみる
  安心してご飯を食べられる場所に食器を移動してみましょう。
  たとえば
  猫が食事、トイレ、休憩をストレス無く行うには
  それぞれの距離が50cm必要だとのことです。


☆食器の素材や形、高さを変えてみましょう
 お気に入りのお皿に盛られた料理は美味しくみえたりしませんか?
 ペットも同じ?
 食器を変えたら、食べなくなった・食べるようになったという話を聞きます。
 様々な素材形の食器があるので試してみてください。
 食器の高さについて
 G.レトリーバーとチワワ 体格の違う2匹が並んで食べている光景を想像してください。
 大きい子に合わせて高いところに食器を置いてしまうと、小さい子は食べにくいですよね。
 逆に小さい子に合わせて低いところに食器を置いてしまうと、大きい子は
 かがんで食べなくてはならなくなります。
 その子、その子で食べやすい高さがあることを知ってあげてください。

 

イラスト 樋口

ここで樋口のこだわり
その1.ソファーの色の濃淡をつけています
その2.フードの名前 CHIRUZU(あるメーカのパロディです。)
他にもあると思いますが・・・探してみてください。

公開日:

動物病院へ来院シリーズ1

病院ではこういった時に困ることがあります。
 
飼い主さん以外の人や飼い主の家族の方でも
ペットの症状やごはんを食べているのか、
トイレに行っているか等がいまいちわからない
といった方が
病院にペットを連れてくることがあります。
 
先生との会話のなかで、聞こえてくるのが
「普段 一緒にいないから詳しくはわかりません。

私は飼い主ではないから」

・・・など

 
これでは治療をするのに原因がはっきりとしなかったり、
治療の進行に支障がでることがあります。
 
どうしても、いつも面倒をみている方が来院できない場合は

症状を紙に書いて、病院にこられる方に渡してもらえないでしょうか。
先生達も助かると思います

問診票

 

公開日: